フィナステリドはAGAの進行を食い止めるのに効果的

薄毛の男性

薄毛や脱毛などの頭髪に関する悩みが発生する原因には、様々なものがあります。
たとえば血行不良です。
特に頭皮に血行不良が起きると、発毛に必要な栄養が毛母細胞に届きにくくなってしまいます。
これは栄養は血中に混ざって体に届けられるためです。
発毛や育毛のためには毛母細胞が活発に分裂することが必要で、そのためにはそのエネルギーとなる栄養が必要不可欠です。
血行不良によって栄養がいきわたらないと頭髪に関するトラブルが発生しやすくなると言うわけです。

そして男性型脱毛症と呼ばれているAGAの場合には、男性ホルモンと特定酵素が大きな原因となっています。
AGAは症状としては頭頂部にOの字で、また額の両端からMの字で薄毛や脱毛が広がるのが特徴で、早い人では思春期くらいから発症することも少なくありません。
男性の体内では男性ホルモンが分泌されていますが、これが男性ホルモンの受容体に結合すると特定の酵素が分泌されます。
その酵素の影響を受けると、男性ホルモンは発毛や育毛を阻害する作用を持った物質に変換されてしまうためAGAが発症すると言うのがそのメカニズムです。
男性ホルモンの受容体が毛乳頭にあり、特につむじや前頭部に多くあるため、これが発症した時にはその部分に薄毛や脱毛があらわれやすくなるのです。
ですからこの進行を食い止めるためには、男性ホルモンや特定酵素の分泌に働きかける成分が必要です。

そこで登場するのがフィナステリドです。
フィナステリドは、実はもともとは医療現場で使用されていた成分で前立腺疾患の治療に利用されていました。
ですが使用中に薄毛であった患者から毛が生えてくるという副効用が起こったことから、発毛に良い成分であると見直され、AGAに対する効果を研究して改めてAGA治療薬として認可されたのです。
このフィナステリドはプロペシアという商品名で日本のみならず世界中で販売されている治療薬です。

フィナステリドが含まれたAGA治療薬

フィナステリドはAGA治療の成分として医療機関で処方される医薬品となっています。
プロペシア フィナステリドを主成分としているAGA治療薬として日本で販売されるのはプロペシアのみであり、AGAの治療薬としてまず挙げられるのがこのプロペシアでしょう。
このプロペシアには即効性はなく、効果を実感するには長期的に服用していくことが必要不可欠となるので、すこし服用した時点で効果が出ないと感じてもそのまま服用し続けてください。

プロペシアは新薬となっているためジェネリック医薬品などは存在しませんでした。
現在も国際特許の期間内なのですが、現在はインドの製薬会社が販売するフィンペシアと呼ばれる治療薬が販売されています
一般的にはフィンペシアをプロペシアのジェネリック医薬品とされて使用する人も多いようです。
同じフィナステリドを成分とし、異なる製造方法で作られたフィンペシアは同じ5α還元酵素としてAGAの進行を抑制する効果を発揮します。
プロペシアと同等の効果を得られることと、さらには価格の面でもプロペシアよりも安い価格で買えることから日本だけでなく世界中で利用されています。
ですがこのような治療薬を使用する際は副作用に注意しておきましょう。
主に勃起機能の低下やめまいなどがあり、発症の確率は高いものではありませんが大きな異常を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。

特許の件に関してはインド国内では成分特許が認められているので合法となっています。
個人輸入によって自分が使用する範囲内なら購入できるので、個人輸入の制度を利用してみてもいいでしょう。

プロペシアの購入方法

保険が適応されないプロペシアを予算内で手に入れるには、偽物を取り扱っていない安全な通販サイトから購入しましょう
プロペシアは通販を利用する

フィナステリドは女性禁物

薄毛は男性に多く見られがちな症状ですが、女性も薄毛になることがあります。
その場合もフィナステリドを使用すればいいと思うかもしれませんが、フィナステリドを女性が使用することが禁忌とされているんです。
使用が禁止されているだけでなく触れるだけで体内にフィナステリドが吸収されてしまう危険もあることから接触すらNGだとされており、妊娠中だと下手をすれば胎児にも影響が出てしまう可能性だってあります。

バツのポーズをする女性

なので女性は発毛等の効果が期待できるサプリメントを摂ったり、女性専用の治療薬もあるのでそちらを使用すると良いでしょう。
今では薄毛にも効くと言われているサプリメントが多く誕生していますし、サプリメントであれば治療薬に比べて副作用の心配もなく健康上の面でも安心できるでしょう。
確かな効果を実感したいならサプリメントよりも育毛促進の効果がある治療薬を使用するのも良いでしょう。
パントガールと言われる「飲む育毛剤」も有名であり、注射などをするよりも費用が抑えれるので今までよりも薄毛治療に対するハードルが低くなったのではないでしょうか。

男性と女性では薄毛になった際の対処の方法が違いますが。
性別や状況に応じて適材適所で対応していけば安心して薄毛対策をすることができるでしょう。
薄毛の原因に血行不良が考えられる場合が多いのです。