髭の濃さと頭皮のかゆみ、この二つとAGAとの関係

髭の濃い男性

髭が濃い人はAGA(男性型脱毛症)を発症して薄毛になりやすいと言われています。それは、髭の濃い人は、男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリダクターゼと結合してDHT(ジヒドロテストステロン)に変えられてしまうので、脱毛が起きやすくなるからです。つまり、髭の濃い人はDHTの量が増え、AGAを発症して薄毛になりやすいと言えます。男性ホルモンの分泌量が多くても、5αリダクターゼが少なければDHTの量が少ないので必ずAGAを発症するとは言えません。しかし、髭を中心として体毛が濃い人の方が禿げやすいと考えられます。AGAになりにくくするために男性ホルモンの量を調節することは危険が伴います。男性ホルモンは髭や体毛を濃くするだけでなく骨や筋肉にも影響し、生存していくために必要な分泌物なのです。

頭皮のかゆみについて、AGAと関係あるようにも思えますが、これは全く別の要因です。AGAは男性ホルモンの影響で頭皮の毛穴に毛髪が抜けるように命令をしています。しかし、男性ホルモンはかゆみを起こす原因ではないので、抜け毛が増えても関係ありません。かゆみのせいでAGAは起こらないのです。男性ホルモン受容体は頭皮では前頭部と頭頂部だけにあります。後頭部や側頭部には受容体がないため、そこから毛髪がうすくなることはありません。つまり特定の場所だけに、かゆみが起こることはないのです。かゆみの原因としては頭皮脂の分泌量が多いことが考えられます。また、使用しているシャンプー、育毛剤などで刺激の強いものを使用していたり、ヘアカラーやパーマなども原因のひとつに考えられます。アトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の方は刺激による炎症に注意が必要です。かゆみを起こさないようにするには、自分の肌の状態を知り、強い刺激を与えないようにすることが大切です。