プロペシアとミノキシジルの併用

AGA治療をする男性

クリニックで発毛治療をしていくときには、薬を併用しながら治療を進めていくことが一般的です。特に、これは男性のAGA治療をするときに顕著な傾向で一つの薬だけに頼って治療を進めていく際には手術をすることが普通です。
男性は女性とは異なって男性ホルモンを起因とした脱毛症状に悩まされている患者がとても多く、こうした男性ホルモンが原因となっている脱毛症状はAGAという名前で呼ばれていますが、AGAは医学的な根拠のある治療薬でなければ治療の効果が薄いということも研究結果で証明されています。

AGAの症状が最も厄介な点は、発毛や育毛を促すための薬と脱毛作用を止めるための薬の成分がまるで異なっている点にあります。脱毛症状が発症したときには、まず発毛を阻害している原因物質を取り除いて、発毛や育毛ができる環境そのものを作らなくてはいけません。この時に男性ホルモンを抑制するプロペシアが用いられますが、プロペシアだけを継続的に飲み続けても脱毛作用を止められても発毛そのものを促すことは難しいのです。
そこで、脱毛作用をきちんと止めることができた後の処置として発毛作用を促すことが可能な薬を併用していく必要があります。クリニックでは、この時にミノキシジルと言う成分が入っている医薬品を利用することが通常です。ミノキシジルは、頭皮の血管を拡張させて発毛に必要な栄養分を効率的に行きわたらせることができる画期的なものです。発毛作用が医学的にも発表されていますので、AGA治療においては医学的な安全性を含めてこの薬と男性ホルモンを抑制する薬の二つを柱として治療を進めていくことが主流になっています。