スピロノラクトンとプロペシアの育毛作用の違い

育毛作用の違いを説明する医師

飲む育毛剤と呼ばれているプロペシアは、AGAという男性の薄毛の大部分を占めている症状に対しての治療薬として、2005年に厚生労働省に承認されています。この治療薬の作用機序は、II型5α還元酵素の活性を阻害するというもので、髪の毛に対して直接的に作用するわけではありません。ただし、AGAの原因物質DHTの生産が阻害されることになるので、薄毛の進行が改善されることになります。何故なら、II型5α還元酵素は男性ホルモンのテストステロンを変換してDHTを生成するという役割を担っているからです。

ちなみにテストステロンやDHT、II型5α還元酵素などのAGAに関係のある物質は、誰の体内にも存在しています。それにも関わらず薄毛になる人とならない人とが生じるのは、遺伝と密接な関係があります。特に、重要なのが男性ホルモン受容体遺伝子の遺伝的多型で、この遺伝子を受け継いでいる場合はDHTに対しての受容体の感受性が高くなるので、結合しやすくなり脱毛因子が誘導されます。

この毛乳頭細胞の受容体とDHTとの結合を阻害することにより、AGAの進行を防ぐというのがスピロノラクトンによる育毛作用です。こちらもプロペシアと同様に髪の毛に対しての直接的な効果はありませんが、脱毛症が発生するプロセスにアプローチすることにより、抜け毛を防止するという内容です。

ただし、このようなスピロノラクトンによるAGAに対しての改善効果は、国内では現在でも未承認です。このために、AGA治療でスピロノラクトンが処方されることはありません。このために、利用する場合は個人輸入代行業者を通じて入手し、自己責任により服用するという流れとなります。